新幹線は速いが、、。

新幹線に乗ることは少ないけど、たまに乗ると確かにその快適さには驚く。
でも、遠くの景色が見えないところでは個人的には面白くない。
速いというだけで利用はするが、面白さにかけるのだ。
ローカルの方が面白い。景色も出し、その景色がゆっくりみられること、
そして人間模様、、、各駅から乗ってくる人の様子、降りていく人のこと、
勝手に想像して楽しめる。
そうやって自分のことを見てる人もいるはずなのだ。
ローカル路線でしか行けないところもあって、それも楽しい。
車せセイ勝はしているけど、時間のことや、駐車場の関係で電車をつかうこともある、
そんな時に密かな楽しみだ。。。
先日は、お父さんと男の子の二人が乗っていて、「あと3つで降りるよ」って説明してた。
子供は椅子の上に乗り(靴は脱いでた)外をずっと見ていた。
可愛いーーー。
何しにどこに行くんだろう、、、小さなリュックがめっちゃ可愛かった。
ほとんど何も入っていないか、お菓子か何かが入ってるっぽい。
全てはお父さんのバッグの中なのだ。

実は皇族

アニメで有名な一休さんは、実は、その当時の天皇の子供であーる。
新右衛門さん、というのが政府から派遣されたサムライで(本当にあんな風に四六時中いたかってことはないそうです)、それも、国が一休さんを見張っていた証。
ひっそりと生まれていた天皇の子供で、でも、公には出てこないことからでもそれが伺えます。
意休さんは、坊主なのに、髪の毛を生やしたり、お酒を飲んだり、肉を食べたりしてたことでも有名です。
さすが、というべきか。(いや、そんなことないか)
私は毎週あの番組を見ていました、繰り返しのもので内容を知っていてもなお見てました。
よほど好きだったのだ。
でも当時はもちろん、一休さんが皇族で、そういう背景があったのは知らなかったです。
実は皇族、、、という人は他には思い当たらないけど、昔はいたんじゃないかな。
一休さんの「母上様」にあたる人(いや、一休さんのお母さんは一人なんだけど)っていそうです。
今はそういう時代ではないけど、天皇は側室を持ってた時があったのです。

今の天皇陛下も、そのお父さんも、そのまたおじいさまあたりまでは側室の話があったそうですよ。
特に、雅子さまにお子様が生まれなかった時はそういう話があったようです。
、、、男の子を埋め、と言われる雅子さまには同情します。
さて、一休さんは、それがゆえに、皇族の管理下でお墓があり、皇室が管理しています。
一休さんのことを調べたらもっと面白い話が出てきそうですねー。

菩提樹の実

菩提樹って、ホトケ様が悟りをひらいたとされる木で、なんともスピリチュアルな感じがする。
その菩提樹の実の中にあるタネが、なんだかパワーがあるとかで人気です。
108個の菩提樹の実(ルドラクシャっていいます)をつけてる人って多いんですよーー。
インドに行くともっと多いかな?
いやー、今は日本でもじゃらじゃらとつけてる人、います。
ヨガしてる人はだいたい持ってます。
108個のものはマーラーっていいますが、大きさや長さやデザイン、色、いろいろあって見てるだけでも楽しいものですよ。
マーラー、で検索すると「あー、これねーー!見た事ある!」って人、おおいはずですので、
是非見てほしいです。
これに」見せられるとね、、、やみつきです。
いろいろ欲しくなる。
でも、1つでいい。
菩提樹の樹はあんがい日本にもあります。
やはり、お寺に多いみたいですよ。
じっさいに見たことはないのですが、今度機会があったら行って、見てきます。
早く自由に国内移動が出来るようになるといいですね。
安心して移動したいです。

ほっこりな写真

外国の人でしたが自分の子供の写真を撮ってSNSに。
これがなんともかわいいんです!
まずは上の子が、下の子の赤ちゃんをあやしてたんですって。
その姿を見て家事をこなしていたら、二人ともいない、、あれ?どこ行った?と。
テーブルの下にカラの衣装ケースがあって、なんとそのなかにすっぽりと収まっていて、それがばずった。
可愛いから!
ママは可愛いながらも安心したでしょうねー、いなくなったなんて悲しい。
しかし衣装ケースとはね。。赤ちゃんが自分で入ったかもわからないけど、
上の子が誘導したのかも。
個々の方が寝やすいよね、って。可愛いーー!
こういう、ほっこりな写真がいいです、今の時代、とにかくほっこり、明るい話題が必要ですよねーー。
とはいっても自分では撮れないので、SNSをチェックするとか、
こうしてニュースになったものを見てほっこりするのですな。
もっとほっこり写真、みたいなーーー。
そういうのを集めたようなサイト、ないですか?
会ったら教えてください、見てみます。

国家的マタハラ

皇后雅子さまは、皇太子妃時代はものすごい「男の子を産め」のプレッシャーに耐えていました。
やっとできた子は女の子。
別にいいじゃないかーー、女の子でーー!
当時の皇太子は子供を「コウノトリ」にたとえていて「あまり周りが騒ぐとコウノトリのご機嫌を損ねる」とまでいいました。
お世継ぎ、というが、子供は夫婦の問題でもある。
もちろん子供が生まれたら嬉しいが、女の子でがっかり、で、それを雅子さまのせいだけにするのはなー。
今でこそ「女性天皇」と騒がれているが、また騒がなくてはいけない時代がやってくるのだ。
だって、キコさまのところの息子さんだって子供が出来るかどうか、
それが女の子かもだし、、その前に、結婚は出来るのか、、(!!)。
切実な問題ですよーー。

国家的なマタハラ、とはよくいったものです。
一般のことでも、マタハラはいけないし、何がマタハラかも分からないような世の中ではいけない。
雅子さま、今は少し元気になられたけどね、、、とっても大変でした。
どうかあまり変なことは考えずにご公務にチカラを注いでもらいたいと思う。
さんざんプレッシャーと戦ってきたのだしね。

駅飲みオヤジ

なんだか「駅飲みオヤジ」なるものがいるそうな。
といっても昔からいるのですがね、、この言葉が面白いですね。
駅でお酒飲むおじさんのことです、そのまんま。
でもこれって憎めないらしい、くどくど何かふっかけてくるのは迷惑だし、今は警察が来るかもですが、
何もなかったらかわいいものですよ。
ソンナオヤジの事をそう呼ぶみたいです。

親父も、、可愛そうなんだよ(笑)、駅でイッパイやってからじゃないと家に帰れないんだよ。
何が怖いかって、、怖いわけではないと思うけど、イッパイやりたくなるんだろうよ!!笑
わかってやれよ!

とはいえ、もちろん」人に嫌な気持ちにさせる親父は迷惑です、そこは気を付けないとね。
駅で飲んでる親父が全部悪いわけでもなく、また、全員がいい人なわけでもない、
土の世界も同じだ。。

駅で飲みたくなるのは実は親父だけではないんだけどね、、、言いだしたらキリがないよねーー。

ヒーラーさん

世の中にヒーラーさんと呼ばれてる人って多くて、女性だとだいたい、女神系な事が多い。
または細木数子さんよろしく大きな指輪を指という指にたくさんつけてじゃらじゃらと、、みたいなタイプ。
持ってるものは」ブランドの財布、来てるものもドレスとかシャネルとか。

そういう人たちってのは周りもそういう人が集まってくるんですよねー。
blogも、イイネと化してる人はほとんどが同業者。
いっけん人気者に見えるけど、府同業者、、どうなっているのだいったい。
あれで商売になっているならいいけど、、どうなんだろう、、ある人がいうには、
ヒーラーさんっていうのは、お客さんがヒーラーさんな事が多いんだって。
ヒーラーのなかで商売してる?それでいいの?

悩みのある人に対してb的確な言葉をいってあげるのが商売、、でしょ?そう思ってるけど、違うかも。
その相手はヒーラーさんって、、癒されてないってことでは?違うかな?
同業のなかで商売を回してる世界なのか、、、よくわからない。
それで同じようアンニンゲンが集まってしまうのか。。
乙女けい、女神系、細木数子さん系。。。そういう世界なのだって思えば納得だけど。
違うと思ってたーーー。

ボケと突っ込みのリモート

お笑い界のの毛と突っ込みの「間」が、リモートでコンビがやってると、ちょっとしたタイムラグがあってうまくいかないんですって。
コロナはここでも影響が。。
リモートでひゃってて誰がそういうのを見てるのかもよく分からないけど、どうもテレビみたいですよ。
もう今はないのかも?

確かにボケとツッコミを、例えば大阪と東京でふたりがやってる、、っておかしいですよね。
見たい気もするけど、面白くなかったらどうな野、、友」思う。
お笑うって「間」が大事なので、これは致命的では?

さんまちゃんはテレビを守るっていっているので、こういうのも考えてやるのkまもだけどね。
そうなんです、、さんまさんはユーチューブが嫌い。
テレビを守る立場で、お笑いの人達がどんどんユーチューブやりはじめてるのをよく思ってないんです。
時代とはいえ、私もさんまさんに賛成。
やはり、「場所」というのはありますよね。

ボケとツッコミも、そこにそのふたりなりがいて成り立つものだと思うのです。
さんまさん、正解!!


しかし、、どうなっていくのだ、、今の世の中、、、コロナも含めてね。
なんか怖いね。
あまり楽しみはないなー。

セミナーだらけ

いろいろなセミナー依頼がきてとてもや異変です。
早く終わることを祈る。
というか、うけなきゃいいんだよね、、笑


さて、そんなセミナーですが、セミナーっていうと、ただその内容を聞いてるだけ、のような気がしますがどうでしょうか。
でも、参加型のもあって、質問方式、とかね、そういうのもありますね。
あれだと、あっという間に時間が過ぎるし、
他の人が、何を疑問に感じ、それについてどうこたえるのか、で、
とても参考になることがあります。
なのでそういうセミナーが好きです。
自分もy多るとしたら底を目指していますが、日本人はシャイなので、
質問したくても手を上げない傾向にもあって、
まずは説明を聞いてるだけ、が、いいようですね。

セミナーが多くて大変ですが、自分も受ける側になることもあって、
いろいろな視点でそれらえを楽しんでいます。

でも、忙し着て頭が痛い、、、なんとかしなくては、とも思うのです。

スラムドッグ

スラムドッグって言葉は良くないことではあるけど、それは「スラム」って響きがそう感じさせてるんだろうなと思うのです。
でもテニスの「スラム」はまったく違いますね、
不思議なもんだーー。

当時は無名だった俳優さんを使っていますが、今は主役のデーヴ君は今やハリウッドスターくらいになっちゃった。
子役の子どもはまだ大人の餌食になりそうで守られているようです。
いろいろあるんですねー。

確かに、インド人の子どもを使ってインドでは莫大なお金が入れば、
まわりの大人が使ってしまうのでよくないのです。
そのための対策をしたのに、それがゆえに子役の中には
いまだスラムにいる子もいるのだとか。
ちゃんとした教育を受けてほしいなー。

あの女の子なんてとってもいい感じで、今後も役者として活躍出来そうだ。

今どうしてるのかの情報はないけど、一時はスラムに戻ったって聞いてます。
お金が入るのは大人になってから、だから。

そんな背景のあるあの映画ですが、好きなのでDVDを買って時々見ています。
DVDでは収益につながりにくいかもですが、
こうして私も頑張って応援していますよーー^^!